So-net無料ブログ作成

A LA COURONNEでランチ [7月9日(木)]

この旅で2度目のタルトフランベ
DSCF6974.JPG

おつまみにぴったり。こちらのは生地も厚めです。
DSCF6975.JPG

フォアグラ入りのパテとにんじんサラダを半人前ずつ盛って出してくれます。
DSCF6976.JPG
これくらいの量だと美味しいなぁ~って。ピクルスは薄いのよん。

でね、このカワイイお皿は、アルザスを代表する画家・Hansi(アンジ)のもので盛り上がり♪
DSCF6977.JPG
色々な絵柄を見比べるのも楽しいのデス☆

そして怒涛の肉料理
豚肉(たぶん、モモとかさっぱりした部位)一口カツサイズをソテーしてマスタードソースで軽く煮込んだもの(と思われる)
DSCF6980.JPG

鶏とマッシュルームのクリーム煮込み
DSCF6982.JPG
「やった!チキンだ!!」と心の中で叫ぶ。だって豚、牛、羊ばっかりだったんだもの。
ホントはクリーム煮とかじゃなくて、皮パリっの焼き鳥でも食べたいところなのよね。
いや、美味しいのよ。クリーム煮も。マッシュルームも。ホントに美味しいんですよぉ・・・

DSCF6983.JPG
付け合せのパスタ?のようなモノ。

頑張ればもっと食べられるんだけど、今日はバス移動がまだまだ続くことを思うと無理はしたくないなぁ~
と、控えめに。ワインは赤も注いでもらって、ちびちび飲みつつ、飲み干すのはどうしようかと思っていたら(この時点で入店してから2時間近く経過)

マンステール(munster)が!クミンシードを添えるのが一般的らしい。初心者きさにも食べやすいお味。
DSCF6984.JPG
Mセンセイのグラスは既に空っぽなので、ここで役に立って良かったわ。
チーズがあるのにワインが無いなんて、悲しいもんね。

続いてデセール登場。半分ずつでプレートにしてくれました。
DSCF6987.JPG
ヌガーグラッセ(メレンゲとクリームにドライフルーツを混ぜて冷やし固めた冷菓)と、アイスクリームのクグロフ。
ヌガーグラッセにはキルシュと思われるリキュールが染み染みなのですが、参戦者の皆様完食☆
お酒は飲まない方でもお菓子は別なのですな♪
クグロフ型アイス、アングレーズを絡ませながら☆
日本でも作ってくれないかなぁ~って思うくらい美味しい!

2時間半近く掛けて、ゆ~っくりとランチを楽しみました。




nice!(0)  コメント(2)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 2

masa

ここのレストランかわいかったですよね~。
コウノトリやテントウムシの飾りつけとか、ちょっと遊び心があるのが良かった。

そして、ワインどうもです♪
チーズにワインは欠かせないですねぇ。

Hansiのお皿もキュートでホントにアルザスを感じられるレストランでしたね!
by masa (2009-08-14 22:00) 

kisakeきさ

masaさん、ホントにかわいかったですねぇ~
こうしてblogに綴るたびに、ひしひしと思い出されます。

チーズが出て、ホントにワイン飲みきっていなくてヨカッタと思いました(笑)
ほんの1口でも、あるのと無いのとでは違いますものね!

王冠亭だけでなく、夕方行ったリクヴィルや翌日のコルマール・・・Hansiの世界がそのまま残っているのところを歩けたのも良い思い出です。
by kisakeきさ (2009-08-15 02:37) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。