So-net無料ブログ作成

前日乗り込みのシェフレポ [ショコラ祭2011]

土屋シェフは凄い作品を手にされていますが、コレ全部ショコラで描かれたそうですよ!
DSCF6538.JPG
そして、オモシロ事も大好きなので
DSCF6493.JPG
ヘンなオモチャも持っておられる(笑)

「明日のセミナーは伺えないんです。Parisのお話をされるんですよね?」
「うん、そう頼まれているからねぇ。」
「あ~行きたかったなぁ。」
すると、デジカメの画像(恐らく明日のセミナーでスライドショウされるのでしょう)を見せてくださいました。
Parisの前にバスクへ行かれたこと、バスクでの施設の方たちとの交流会の模様、そしてサロショコ本番に向けてのAOKIシェフのアトリエでの準備の模様(青木シェフのお子さんが可愛かった!)などなど。
「伊勢丹のフォアグラサンド、あれ値段間違ってません?」
「うん、儲けないよ(笑)」
いいなぁ、お江戸はオイシイものが食べられて。

さて、肝心のショコラですが
DSCF6485.JPG
土屋シェフによると、昨年のマルコナの出来は良かったそうで。
こちらのマルコナちゃんは初めて見かけたので、あっちと食べ比べにすることに。

DSCF6575.JPG
もちろん、サインもいただきました。上の箱はParisに出したNIPPON箱。
山椒、胡麻、柚子と焼酎の4種入り。ちょっと大きめで薄型のボンボンなので、歯触りがすてき。

名古屋ではすっかりお馴染み。土屋シェフと名コンビの吉祥寺 エスプリ・ドゥ・パリ鈴木シェフ。
DSCF6529.JPG

昨年のイベントでも産地を訪れたお話を伺いましたが、今回のショコラもフェアトレードに力を入れておられます。
DSCF6515.JPG
3つの国(エクアドル、サントメ、バヌアツ)の豆をブレンドしてあるので”トロワ(仏語で3)コンチネンツ”という訳ですね。ナチュールのトリュフで4個入り箱もありました。
DSCF6528.JPG
他にもおやつ価格のものが色々あって有り難いんです。
ショコラショのスプーンショコラは390円くらい(数種類お味がありました)だったはず。
もちろん、毎年定番のオ・パレドールやキャラメル味の石畳もありました。

たまげたのは、
DSCF6489.JPG
何故かアルノー・ラエールさん。セミナーは明後日なのに、どうして??
明日はフレッソンさんなのに。まぁ、いい。
DSCF6530.JPG
自らヘーゼルナッツのギモーヴをカットして試食をふるまっておられました。うまし。
DSCF6494.JPG
↑の棒が付いてるのが同じ味らしい。左のプティ・パレ(コレも中はジャンドゥーヤ)が気になるも、あきらめ。
ドームショコラは相変わらず強気の設定だけど、定番箱は去年よりも安い(円高だから?)気がしました。

コメント(0)  トラックバック(0) 

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。