So-net無料ブログ作成

POTERIE ERNEWEIN-HAAS工房 [7月9日(木)]

3泊お世話になったストラスブールのホテル・メゾンルージュをチェックアウト。
お迎えに来たバスは、普通の大きさのベンツの観光バスでした。
おかげで広々と使えます。しゃべりたい時は二人並んで座り、休みたいときは2人分の席でだら~っとして。

ドライバーはドイツ人のクールガイ。
「この辺りの道が判らないので、迷うかも。」・・・ははは、そうですか。ココでは日本の常識は通じない。
(他の参戦者によると、いきなり逆走しながら旧市街を出て行った模様)

DSCF6898.JPG
北へ1時間ほどバスに揺られてSOUFFLENHEIM(スフレンアイム)という街へ。

アルザスの料理・お菓子に欠かせない陶器を求めてやってきました。
POTERIE ERNEWEIN-HAAS(ポトゥリ・エルヌヴェン・ハンス)工房を見学させていただきました。

朝の9時という早い時間にもかかわらず、息子さんが丁寧に案内をしてくださるのです。
オーナーのお父様は合気道(だっけ?)をされている親日家さんなんだそう。


お店に入ると”いちいちカワイイ©2009Hさん”の売り場に一同興奮。
しかしまずは、奥の工房へ。

DSCF6904.JPG

DSCF6855.JPG
焼き物に欠かせない土は代々限られた家しか採掘することを許されておらず(そうする事で資源を守るのでしょう)ハンス家もその中の1軒。
実際に轆轤(ろくろ)をまわして粘土も触らせてくれました。

DSCF6876.JPG
絵付けは女性職人さんたちのお仕事ですが(この日は工場休業日?息子氏しか工房にはおられなかった)
こんな感じですよ、と見せてくれました。

DSCF6878.JPG
奥の窯場です。かなりの広さがありました。

皆が順に売り場へ戻り始めたところで、工房の片隅にあるコレが気になって。
この道具、コレってもしかして?と思いFさんに尋ねてもらうと、
DSCF6887.JPG
見事な手付きでオバール型を回転させながらカッティング。
DSCF6888.JPG
まん丸じゃなくて楕円なんです。すげ~!めちゃめちゃカッコイイ!!
数種類の刃を使い分けて見事な模様を刻みます。
こうしてベッコフ(前日の昼に食べましたな)鍋の蓋が出来上がると言う訳ね。

料理もお菓子も作れませんが、伝統食の元を見学するのはと~っても楽しい。
では、売り場へ戻りましょ。
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。